今日の雑感記事

・大変ご無沙汰しております。約1ヶ月半ぶりの更新です。

 

   簿記の試験も無事合格に終わり、「そろそろ再開しようかな」なんて思って気がついたら1ヶ月半も経っちゃってた。

   1ヶ月半も更新をしてないと更新の仕方や記事の書き方はすっかり忘れてしまっていて、今もこんな風で合ってるかなと前の記事を確認しながら書いている。

   

   更新していない間にそれはもう色んなことがあった。

   逆流性食道炎がちょっと落ち着いてきたり、一方で母親の持病が悪化したり、バイト先で変化があったり。

   貯めてしまった話はおいおいしていこうと思う。そのためのここだしね。

   とはいえ今は忘年会シーズンでバイトが非常に忙しいから毎日更新出来るかもしれないし、出来ないかもしれない。

   最低目標は週の半分の更新かな。そう考えると毎日ちゃーんと更新してる糸井さんって偉大だよね。

 

   はてさて、今日は朝から凄く寒くて、今年初の「布団から出られない」を経験してしまった。

   天気予報によればどうにも1月下旬並みの寒さらしい。12月中旬なんだから12月中旬並みの寒さであって欲しいと心から思う。

   問題は1月下旬になれば、否応にもこの寒さを受け入れないといけないこと。

   一体去年どうやってこの寒さを乗り切っていたのか全く思い出せないけど、思い出せる人は居るのかなぁ。

   

   そもそも去年の今の時期に何をやっていたのかすらあんまり思い出せない。

   クリスマスイブに男3人で鍋をやっていたという、ほろ苦くも楽しい思い出は鮮明に覚えているけど、上旬と中旬は全く記憶にない。

   きっとバイトに明け暮れていたんだろうと思う。

   もちろん今年もバイトに明け暮れているし、クリスマスイブもバイトです。

   

   外は寒く、腕の中も寒いけれど、心と懐は温かくなりそうなこの12月。

   みなさんの12月はどうですか?

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

久々に更新すると文字数の感覚も怪しくなっちゃうよね。

今日の雑感記事

・申し訳ありませんが、資格の試験が終わるまで更新を不定期にします。

今日の雑感記事

・先日、自分で考察するタイプの課題を頑張っているという話をしたと思う。

   ようやくその課題が終わったのだけれど、その考察をしているときは必死で特に何も感じず頑張っていたのだけれど、終わってみてから悪魔の証明をしていることに気づいてしまった。

 

   「存在しない」という証明が出来ないから「存在する」というのが悪魔の証明の簡単な例。

   つまりぼくがやっていた考察は「考察対象が存在しない」ことを証明するために「対象が存在する可能性を潰す」ということ。

   こうなるともう泥沼で、そもそも存在していないのならば文献にも載っていないわけだから、それを証明すればいいけど、それを証明するためにはありとあらゆる文献を調べなければならない。

   もちろんそんなことをほぼほぼ不可能で、かといって考察だから「存在する可能性」を残してもいけない。

   そりゃやってもやっても考察が終わらないわけだ。

   結局都合の良さそうなところで無理矢理切り上げたけど、なんともスッキリしない。

   うーん、やっぱりぼくに研究者は向かないんだろうな。

   スッキリはしないけど、都合の良さそうなところで切り上げられちゃうからね。

   きっと研究者に向いてる人はきちんと最後までやりきるのだろう。

 

   文学部に来ておいて研究者に向いていないというのもなかなか残念な話だと思う。

   まあそもそもぼくは国語の教員免許欲しさに文学部に来たのだからあながち間違いではないし残念でもないとは思うけど、それでもなんとなく残念だと思う。

   好きな事を研究するのは大好きなんだけどね。

    そもそも好きな事を研究する事すら嫌いな人は居るのだろうか。

   ぼくの周りには居てないけど、世界中探してみたら案外いるのかもしれない。

 

   そんなわけでなんとか記事のペースが元に戻ってきたよね。

   きっと明日からまたペースが遅れるとは思うけど。

   頑張って話題を見つけないとなぁ。

   旅行に行きたいなぁ。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

最近は帳簿もちゃんとつけれてません。

今日の雑感記事

・今週末もどうやら台風が来るらしい。

   ぼくたち学生は平日にきて欲しいと思うけれど、社会人の人たちは週末でよかったって思う人が多いのかもなんて思う。

   なんせ月曜日は交通網が乱れに乱れて阿鼻驚嘆しているところを目の当たりにしていたからね。

 

   とはいえ週末に台風が来ると非常に厄介なことがある。

   別に予定があるわけじゃないから、家でゆっくりしているだけなんだけれど、週末に台風が来ると洗濯機を回す事が出来なくなるのだ。

   いつも洗濯物は週末に!と思いながら服を着たり、予定を立てたりするから回せなくなると予定が大きく乱れる。

   今週も結局月曜日の夜中に洗濯機を回すことになってしまった。

   一日伸びるとそれだけ洗濯物が増えるから干す量も増えてしまう。

   干す量が増えると干す時間も延びる。

   至って普通の事だけど、これがなかなかに辛い。

   お願いだから台風は平日に来てほしいものだ。

 

・そうそう、ようやく風邪が落ち着きました。

   鼻をすすることもなく、咳も出る事がない。

   健康って素晴らしいなぁなんてやっぱり思うわけです。

   健康な間は健康が当たり前になってるから素晴らしいなんて思わないけど、ちょっとでも体調を崩すと次はしっかりしようと思う。

   学習しないなぁとか思うけれど、人間の性だから仕方ないとも思う。

   それが簡単に出来たら今頃病院なんてほとんど出来てないだろうからね。

   そんなことを思いながら、ここ数日もお風呂で寝る生活をしています。

   きっとまた風邪ひいちゃうんだろうなぁ。

   誰か生活リズムを作ってくれないかな。

 

   雑感記事らしい感じたことをそのまま書いた記事でした。

   兼好法師じゃないけれど、よしなしごとをそこはかとなく書きつくればってやつだね。

   もうすぐ11月、もうすぐハロウィン。

   残り2ヶ月は病気せずに暮らしたいね。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

やるべき事がたくさん溜まってきてしまって、てんてこまい。

今日の雑感記事

・ギリギリで踏ん張れて・・・ない。

 踏ん張れてません、ごめんなさい。

 なんせ更新するような話の種もほとんどないもんで、そうなると更新モチベも下がってしまうわけです。

 日々学校へ行って講義を受けて、あとは簿記の講義を受けるか、アルバイト先へバイトへ行くか。

 まあでも確実に言えるのはこういう風に日々特別なことが無いというのは非常にいいことだと思います。

 同じことの繰り返しのようで同じことは一度も起きていなくて、それでいて毎日健康で安全に過ごせている。

 刺激こそないけれど安定が保障されている生活。

 どこかから「バイタリティが足りていない」とか「年寄りの生き方」なんて言われている気がするけれども、気のせいでしょう。

 

 刺激が欲しいことと好奇心になんとなく関係性がありそうな気がするけど、実際どう関係があるのかはよくわからない。

 ただ言えるのは好奇心旺盛な人の周りには常に刺激がたくさん落ちているような気がする。

 もちろん何でもかんでも首を突っ込む人の事を指すのではなく、ほどよく節度を持って興味を持つ人の事です。

 何でもかんでも突っ込むのは浮気性なんじゃないかなぁと思ってしまう。

 きっとそれはそれで色んな刺激があるとは思うけど、あんまりいい刺激とは思えないな。

 

 で話は戻して好奇心のお話。

 好奇心旺盛で居ようと思うと、やっぱりバイタリティに溢れていないといけない気がする。

 だってそれだけ色んな事を知ろうとしたり、色んなことを体験しようとするわけだから。

 確かにお年寄りの人は変化に疎いというか変化に弱いというか。

 もちろん好奇心旺盛な人も居るけど、残念ながら若者ほど多いとは言えない。

 それだけ体力的に疲れてしまっているとも考えられる。

 とはいえ今の若者も残念ながら元気に満ち溢れているとは言えない。

 現にぼくはもうすでに元気じゃないからね。

 お肉でも食べたら元気になれるのかなぁ・・・和食の方が好きなのだけれど。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

簿記の試験が終わり次第ちゃんと更新しようと思います。

今日の雑感記事

・そろそろこのとりあえず記事を出しておく癖をなんとかしないといけない。

   今まではなんとか時間までに更新出来ていたけど、いよいよ間に合わなくなってきた。

   書くネタが無いわけではない。

   書きたいことはたくさんあるし、なんなら一日中書いていたいぐらいだけど、残念ながらそんな余裕は今のぼくにはない。

   今週末提出の課題に簿記の検定試験の勉強とか色々と待ち受けているものが多すぎる。

   とはいえ残念ながらクリスマスの予定は余裕で空いているんだけどね。

   去年は男3人でお鍋をしたけど、今年はそんなこともなさそうで。

   家で一人で大人しくケーキでも食べようかなぁ。

 

   通っている大学がキリスト教を信仰する大学なのだけれど、それゆえかクリスマスは凄く電気を使う。

   学生からは「光る学費」と皮肉を言われるぐらいには光っている。

   まあ信仰するイエス・キリストの生誕祭なのだからいいんじゃないかなとは思う。

   誕生日は適当に扱われるよりは盛大に祝ってくれる方がやっぱり嬉しいからね。

   盛大すぎて周りに迷惑がかかるのは見てて痛々しいけど。

 

   キリスト教にも色々宗派があって、復興主義、プロテスタント、アナバプテスト、聖公会、西方カトリック、東方カトリック正教会非カルケドン派アッシリア東方教会とこんなにもある。

   なんというか政党みたいにたくさんあるよなぁというのが第一印象。

   きっとそれぞれ同じところと違うところがあって、それを受け入れられないから分かれているのだろうと思う。

   全然違うのだったらごめんなさい。

 

   残念なことにキリスト教学校に行ってるけど、キリスト教にはそこまで興味はない。

   そんなことあるんだふーんぐらいの興味。

   知ってて損はしないよね?みたいな。

   と今日も結局まともな事はあんまり書けなかったなぁ。

   たまには良いよね。雑感記事なんだし。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

簿記の試験が終わるまではゆっくり更新かな。

今日の雑感記事

・先日、母校の文化祭にひょっこり顔を出してきた。

 来年から校舎の建て替えを始めるらしく、その関係もあって生徒会の先輩たちと行こうかという話になった。

 卒業してもう3年も経つから生徒会の皆は知らない人たちばっかりだったし、知らない先生が増えてたり色んな変化あった。

 気がついたら前理事長は亡くなってたりとか3年って意外と大きいんだなあって。

 ぼくの担任を持っていた先生はいまだに元気そうにしていたし、生徒会の顧問だった先生も元気にはしていたけど歳のせいか性格が丸くなっていた。

 

 文化祭というとぼくらからすれば楽しいイベント、もしくは授業がなくて嬉しいというイメージがあるけれど、あれは実際のところは授業の一環だったりする。

 ちょうど教職課程を履修しているからたまたまぼくは知っていたけど、実はそうなのだ。

 だから文化祭は基本出席日数に加算されるし、なにより文化祭の準備への積極的参加を促されるのだ。

 文化祭は正規の教育課程で学習指導要領上の授業時数になっている。

 つまり大学の大学祭と違って基本的には開催を「しなければならない」ものだったりする。

 確かに文化祭は行事として勝手に用意されているけれど、大学祭は署名を頑張って集めているよね。

 高校の時に生徒会に属していたからわかるんだけど、ああいう活動って意外と大変だったりするんだよね。

 生徒からは邪魔者扱いされるし、教員からは早くこなしてくれって言われるし。

 板挟み状態みたいな感じ。中間管理職みたいなものなんだよねって。

 

 そんなわけでもし身近に生徒会や学祭委員みたいな人が居たら、ぜひ優しく対応してあげて欲しい。

 きっと上からも下からも色々言われて心は既にズタボロだから。

 そして文化祭や学際が無事開催できるのもその人たちのお陰であるから。

 一人からでも「ありがとう」って言われると結構報われる感はあるからね。

 

 結局今日もギリギリの更新になってしまった。

 そろそろなんとかしないとね。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

毎日更新がそろそろ怪しくなってきている今日この頃。