失敗は成功の母

・人間は生きていれば必ず失敗する。全てに成功するなんてことはない。

 一言に失敗といってもたくさんの捉え方があって、

 大切なのはその失敗をどのように捉えるかだ。

 ぼくたちは失敗を失敗のままにしていてはいけない。

 失敗を他のものに変えてこそ価値がある。

 

 かの発明王トーマス・エジソンはこう言ったそうだ。

 「それは失敗じゃなくて、

  その方法ではうまくいかないことがわかったから成功なんだよ」

 彼は失敗を別の実験の成功と捉えた。

 また本田宗一郎はこう言った。

 「わたしの現在が成功というのなら、

  わたしの過去はみんな失敗が土台作りしていることにある。

  仕事は全部失敗の連続である。」

 彼は失敗を成功の土台と捉えた。

 

 ほかにもいっぱいあるけど、結局はその人にとって失敗が何であるかだ。

 失敗することは人間なのだから仕方ない。

 失敗したときに単に「あーあ」で終わっちゃうのか、

 「この失敗から何を得られるのだろう」と思うのか。

 「あーあ」で終わる人にとって失敗は失敗そのものだけど、

 失敗から何かを得ようとする人にとっての失敗は別のものに変化する。

 その別のものはさっきも言ったけど人それぞれだ。

 それは成功かもしれないし、土台かもしれない。

 はたまた成長かもしれないし、挑戦かもしれない。

 

 これを読んで、わたしにとっての失敗はこうだ!とすぐに思いつく人は凄くいい。

 すぐに思いつかない人はゆっくり考えればいい、人生はまだまだ長いのだから。

 失敗なんてしたことない!って人は、自分の人生を思い返してごらん。

 それでもダメなら両親に聞くといい。もしかしたら君はエジソンかもしれないけど。

 ちなみにぼくは失敗ばっかりだから、失敗には困ってないよ。

 そこからたくさんの事を学んだし、時には大きく後悔もしたけどね。

 そんなぼくにとっての失敗とは人生に外せないものかな。

 失敗があるから成功の喜びがある。成功ばかりじゃ人生つまらないからね。

 あなたにとっての失敗とはなんですか?よかったら教えてください。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

失敗が成功の母なら、成功の父はどこへ行ったんだろうね。