日本酒という趣味のお話

・今日は趣味でもある日本酒の話をしたいと思う。

 急になぜしようかと思ったかというと、

 元々しようしようと思ってたのもあるのだけれど、

 先日バイト中に薦めたお酒を気に入ってもらえたのが大きい。

 本当は他人に薦められるほどは飲んでもないし、

 日本酒の事に精通しているわけでもない。

 店長が「君なら何を薦める?」って聞いてくれて、

 「それならいいね」と太鼓判を押してくれるからこそ薦められる。

 いわゆる見習いバーテンダーみたいなものだ。

 

 話を日本酒の話に戻そう。

 日本酒っていうとお父さんとかが飲んでる堅いイメージがあると思うけど、

 今はスパークリングの日本酒とか若い子や女性向けの甘い日本酒も増えてる。

 

 日本酒は日本酒度で甘口辛口を決めるのだけれど、実際はその限りでもない。

 日本酒度は辛口だけど甘かったり、その逆もあったりする。

 しかも「辛口だけどフルーティー」とか「甘口だけどキリッとしてる」まである。

 数値だけでは測れない要素が折り合って日本酒は出来上がってるのだ。

 

 じゃあ同じ銘柄のお酒だと同じような味なのかというとこれも違う。

 使うお米や使う酵母、しいては精米歩合によって味が大きく変わってくる。

 Aという酒米だとベタっとした甘さだったのに、Bだと甘いけどスッキリとかね。

 そしてこの精米歩合っていうのがいわゆる吟醸とか大吟醸とかの名前の違いになる。

 一応精米歩合は小さいほうがより値段は高くなって希少性は高いけど、

 じゃあ実際小さいほうが美味しいのかと言うとそこは人それぞれ。

 合わない時はとことん合わないからね。

 

 さてここまで蘊蓄を色々と語ったけれど、知らなくても十分楽しめる。

 どれだけ知ってても飲まないとわからないことだってあるからね。

 知ってればもっと楽しめるっていうだけだから、まずは飲んでみて欲しい。

 色んな日本酒をそのままでも、また色んなおつまみと一緒に飲んでみて、

 これは好き!とかこれは嫌い!からたくさんのことを知ってくれると嬉しいです。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

今は体調的にあんまり飲めないから多く語っちゃった。