「やりたいこと」と「やらないといけないこと」

・やりたいことをやりたい時に出来るっていうのはとても大切だと思う。

 この前は熟睡したいと思ったからお昼まで寝て、

 掃除をしたいと思ったからお昼から掃除をして、

 飲みたいなぁと思ったから晩に飲みに外へ出た。

 普段からこういう生活を送れていると、不満が溜まることなんてないんだろうけど、

 実際は会社や学校へ行かないといけなかったり、

 課題が残ってたりとかでなかなか自分の思った通りには出来ない。

 そうしてやりたいことをやりたいときに出来る時間というのはなくなっていく。

 そのことに気づくのは本当に過ぎ去ってしまって数十年経ってしまってからで、

 「後悔先に立たず」と言いたくなるような状況になってからなのだ。

 だからといってやりたいことだけをやって、やらないといけないことをしないと、

 結局はその先でやりたいことが出来る時間が減ってしまう。

 つまりはそのあたりの塩梅が大事なのであって、やっぱり優劣をつけるのは難しい。

 

 「じゃあぼくはどっちも手に入れる!」と思った時期もあったけど、

 まさに「二兎追うものは一兎をも得ず」でどっちも疎かになってしまった。

 こうなるとさあ大変。

 やらないといけないことは絶対取り返さないといけないし、

 でもやりたいことが出来ないとやらないといけないことに集中も出来ない。

 そういう時期が何回もあったのだけれど、正直寿命をかなり縮めたと思ってる。

 最近は何を取るのか優先順位を決めて、行動してるからちょっと楽になったけどね。

 

 あとはやらないといけないことをやりたいことに変えてしまうのも一つの手だね。

 逆のパターンもあるわけだけど。

 こうすると二つの事が一つの事になるからまさに究極の一になる。

 問題はじゃあそれをどれだけの人が実践できるのかというところにある。

 たいていの場合やりたくないからやらないといけないことで、

 やりたいからやりたいことであるのだからそれが一緒になることはそうそうない。

 それが出来たら人生困らないのになぁと思いながら、最近は朝頑張って起きてます。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

やりたいことだけ出来る人生はそれはそれで楽しくなさそうですね。