花火大会と浴衣と着物

・昨日は近所の花火大会の日だったらしい。

 らしいと何故伝聞系なのかというと、その時ぼくはバイトをしていたからに尽きる。

 残念ながら誰かとその花火大会に行くなんていうイベントは起こさなかったし、

 なんなら昨日のバイトは普段以上に激務だった。

 「花火あるのになんでこんなに忙しいんだ!」って怒りそうにもなってたぐらい。

 思い返せば花火大会なんていつ以来行ってないのかすらわからない。

 来年こそは誰かと一緒に行きたいなぁ・・・

 

 夏といえば花火大会!花火大会といえば浴衣!だよね。

 そのためにあんな陳腐な前座をつけました。ごめんなさい。

 そんなわけで今日は浴衣の話をしたい。

 まず気になるのは浴衣と着物の違い。

 なんとなくはわかるけど、いざ質問されるとちゃんとは答えられない。

 答えは二つで長襦袢を着るかどうかというのと、寝巻きとして着るかどうか。

 長襦袢を着ないのが浴衣で、着るのが着物。

 寝巻きとして着ていいのが浴衣で、そうではないのが着物。

 確かにホテルで提供されてるのは浴衣だね。

 ちなみに浴衣は礼装ではないから夏でも式と名のつくようなもの着ていくのはダメ。

 あくまで浴衣は略装で、どうしても着たいのなら着物を着ましょう。

 

 さて、じゃあ浴衣はいつ頃から一般的になったのかというと江戸時代だそうだ。

 平安時代の湯帷子が原型とされていて、そこから紆余曲折があって今の形になる。

 そういうわけで浴衣は「ゆかたびら」の略語なんだって。

 元々が寝巻きだからか、

 江戸時代の頃から浴衣は外で着るとするなら身近で気取らない場所でとされていた。

 浴衣での多くの人が集う場所への外出は避けるようにしていたのに、

 夏祭りや花火鑑賞なら良いというのはある意味風流が関係しているとも考えられる。

 それともその時代は人が少なかったのかな?そんなわけないか。

 

 これで浴衣と着物の違いについて外国人に聞かれても説明が出来そうだ。

 説明出来そうで出来なかったことの一つがクリアできた。

 外国人と話す機会がなくても、知ってて損はないだろう。

 何がどこで役に立つかわからないしね。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

花火大会に行かなかったお陰で浴衣と着物の違いを知ることが出来ました。