首の痛さとストレス

・ここ数日、ぼくは首から下顎にかけて痛みを感じている。

 逆流性食道炎を患っている話を前にもしたと思うけど、

 その影響で食後3時間は横になることが出来ない。

 でもお昼食べた後って凄く眠くなるからどうしても寝たい。

 じゃあどうするのかっていうと椅子にもたれかかって寝るのだ。

 これを繰り返してたからか、たまたまその時の姿勢が悪かったのかしてこうなった。

 逆流性食道炎もそうだけど全くもって自業自得である。

 

 今まで寝違えて首の後側を痛めたことはあったけど、

 首の前側しかも下顎にかけてを痛めるなんてしたことがない。

 首の後側の時は首が痛いなぁで済んだけど、今回はそうもいかない。

 特に下顎が痛いというのが非常に厄介で、喋っても飲んでも食べても痛い。

 なんなら唾を飲み込むだけで痛みを感じる。

 そしてこれは接客業のアルバイトをしているぼくにとっては致命的でもある。

 

 接客業はお客さんとコミュニケーションを取るのも仕事の一つだから

 どうしても喋らないと仕事にならない。

 ただ現状喋ると下顎が痛いのだ、しかも痛いという事は呂律も若干怪しくなる。

 正直休みたい気持ちは山々だけど、痛いだけでは休めないからこれまた大変。

 しかもぼくの楽しみは食べることと飲むことなので、

 この痛さによるストレスの発散すらまた新たなストレスを生んでしまう。

 つまり八方塞がりの状態だったりする。もうどうしようもない。

 

 ここまでずっと痛い話をしてきたけど、

 書くことによって若干のストレス発散にはなった。

 よく人に話すとスッキリするっていうけど、

 あれって話さなくても意外と書くだけでも十分なのかもしれない。

 とりあえず今の自分の辛いことを誰かに共感して欲しい、

 もしくは誰かが見てくれる聞いてくれるだけでいい。

 そう考えると人ってのは案外強い生き物なのだろう。

 だって不特定多数の相手だとしても自分の辛さを聞いたり見てくれるだけで

 ストレスが軽減される生き物なのだから。

 まぁぼくのこのストレスが軽微だと言われちゃったらそれまでなんだけどね。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

明日は明日の風が吹く。これぐらいに考えたほうが生きやすいでしょうね。