今日の雑感記事

・ここ数日の自分の記事を見直しながら、語彙力製造工場とか言いながら、

 まったく知識も語彙力も増やすような記事を書いていないことに気づいた。

 あった事に合わせて自分の思っていることをただ単に並べているだけで、

 もしかしたら新しい発見はあるのかもしれないけれど、

 一番最初の趣旨からは若干ズレているのじゃないかと思う。

 

 元々始めた理由はマネをしたかったのと、知らないことをもっとたくさん知って、

 知識を蓄えたいと思ったからだった。

 前者は毎日更新できているから良いとして、後者は出来ていない。

 最初から全部完璧に出来ないにしても約2ヵ月にして始めた理由を忘れているのは

 ダメなのじゃないかと思ってしまった。

 そんなわけで今日はちょっとした漢字のお勉強をしよう。

 

・先日、日本酒好きの友人とある日本酒の銘柄の話をしていて検索していた時に

 「別誂」の名のつくお酒をたまたま見つけた。

 恥ずかしい話ではあるけれど、実はこの漢字の読み方を知らなくて自分の中で

 「べっちょう」と読んでた挙句に「別跳」とまで勘違いしてた。

 人にその話を得意気にする前でよかったなぁと思いながら、

 じゃあ「別誂」ってどういう意味で使われるんだろうと。

 

 辞書によると「別誂」というのは

 規格にないものを特別に注文することや規格にないもの自体を指す言葉らしい。

 ということは「別誂」と名のついたあのお酒は規格にはないお酒ということになる。

 なるほど金額が一般的なそれの2倍近くしていたのはそういうことだったのか。

 モノを見ながらなんでこれはこんなに高いんだろうと思っていたけれど、

 これならば納得がいく。名前に答えが書いているわけだしね。

 

 こういう風にちょっとでも何かが分るとモノの見え方が少し変わるし、

 モノの見え方が少し変われば今度は世界が変わる。

 人によって世界の見え方が違うという話は有名だけれど、そりゃそうだよね。

 だって今回のように漢字の意味一つで価値の違いに気づけるのだから。

 蓄えた知識をひけらかすのはあまり感心しないけれど、

 蓄えた知識で世界を広く見れる人間になれたら人生楽しいんだろうね。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

たまには自分のやっていることを振り返るのも大切ですね。