今日の雑感記事

・明日からは待ちに待った静岡への2泊3日の一人旅。

 まだ切符とホテルくらいしか用意していなくて、計画もほとんど立てていない。

 美味しいものをたくさん食べて、美味しいお酒をたくさん呑んで存分に楽しむ

 という第一目標は忘れていないけれど、それ以外は白紙だ。

 多少なりともは調べているけれど、それも大抵食べものかお酒に関係するところ。

 一体どこに行って、何を見て何を感じて帰って来れるのか楽しみで仕方ない。

 でも何も知らずに行くのもこれまた面白みに欠けるので、

 今日は静岡についてちょっと勉強しよう。

 

 静岡というと多分みんなが思いつくのはお茶なのかな。

 静岡茶宇治茶狭山茶と並んで日本三大茶の一つで、

 しかもお茶に関しては全国シェアが1位なんだって。

 そりゃ静岡といえばお茶、お茶といえば静岡のイメージになるよね。

 あと車とかが好きな人は浜松の工業地帯をイメージするのかも。

 本田技研工業創業の地として有名だからね。

 ぼくも昔桃太郎伝説をやってた時は、あそこの新幹線工場を買って博打したっけ。

 他にも楽器だとヤマハとか河合もそうらしい。

 意外なのは浴衣も生産してて全国有数の生産地域らしい、これは知らなかったなぁ。

 

 観光地に目を向けるとやっぱり最初は富士山だろう。

 山梨の人は怒るかもしれないけれど、どうにもぼくは静岡のイメージが強いのだ。

 新幹線から見えるというアドバンテージが大きいからね。

 あと、春学期に勉強したからというのもあるけど河津七滝は行こうと思っている。

 河津七滝と言えば川端康成の代表作『伊豆の踊子』だよね。

 実際に彼自身も色々嫌になって一人旅で伊豆へ行って、湯ヶ島が第二の故郷になる。

 その時の経験を基に執筆したのがこの作品だ。

 せっかく静岡に行くのだったら訪れておかないと損だと思ってね。

 

 お茶と工業と観光に関してはこれで多少は勉強できたね。

 本当はもっとたくさんあるのだから気になった人は調べて欲しいし、

 明日以降の記事でもちょっとずつは見たこと感じたことを書いて行こうと思う。

 さて今日はこのぐらいにして明日の準備をしておこうかな。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

記事を書くために調べてたら行きたいところが増えすぎちゃったけど、まあいいか。