今日の雑感記事

・きっとこの記事が公開されている頃にはぼくはもう三島に居るか、

 もしくは静岡を新幹線の中で過ごしている頃だろう。

 なんにせよぼくはもう大阪には居ないのだ。

 大阪という慣れた土地を離れて静岡という一度も踏み入れたことのない場所を

 自由気ままにさまよう。

 一人旅って行き当たりばったりの方が楽しいと思ってる人だから、

 昨日も話したけどあんまり計画って立てないんだよね。

 逆にツアーとか修学旅行とか複数人で行く場合は計画がきっちり決まってる方が

 好きだったりする。なかなか面倒な奴だと自分でも思う。

 

 さて昨日からの流れで今日も静岡の話をしようと思ってたけど、

 なんとなく明日からでも出来るから今日はちょっとだけ新幹線の話でもしようかな。

 最初にも言ったけど、きっと新幹線の中での公開になるんだろうだし。

 新幹線の誕生については割と知っている人が多いとは思うけれど、

 きっと思い出せない人が大半だと思う。

 今ここでぼくは書くことにするけれど、一度どうだったかなと思い出してほしい。

 

 新幹線は東京オリンピックの開催に合わせて1964年10月1日に開業した。

 この時は現在の東京大阪間つまり東海道新幹線の開業だけで、

 山陽新幹線が開業したのは72年でそれも岡山まで、博多までは75年だった。

 この東海道新幹線開業の1番列車にもなかなか面白い話があって、

 実は10時ぴったりに東京駅へ着こうとして、トラブルがもしもあった時のために

 ちょっと早めに走っていたらトラブルが起きなかったから、

 時間稼ぎのためにスピードを落として山手線に抜かれるなんてことがあったらしい。

 その時の運転手達は「夢の超特急が在来線に負けちゃって、まずいな」と

 思ったんだって。

 

 ここ近年では北陸新幹線とか北海道新幹線が開業して

 色んなところへ新幹線で行けるようになった。

 飛行機でひとっとびした方が早いとはいえ、

 一応鹿児島から北海道まで新幹線で行けるようになったんだからすごいよね。

 ちなみにリニアは2037年開業予定だってさ。その時にはぼくは42歳。

 ちゃんと定職に就いて結婚出来てたらいいなぁ。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

早くて困ることはないけれど、ゆっくり旅をするのもそれはそれで楽しいよね。