今日の雑感記事

・昨日も言ってたけれど、今日も言っておこうと思う。

 昨日遂に大学の授業が始まってしまった。

 こういう風に書くと「じゃあ大学をやめればいい」と思うかもしれないから、

 ちゃんと弁明はしておこう。

 何事においてもそうだと思うけれど、

 自分のしたいことだけ出来ればそれに越したことはないのだ。

 ぼくは大学でしたい勉強があったから、今の大学に通わせてもらってるし、

 大学の授業がスタートすること自体は嫌ではない。

 問題はやりたくない事もやらないといけないのが世の常で、

 そういう意味で大学の授業が始まってしまったと書いている。

 

・さて何の身にもならない弁明はさておいて、

 今日はちょうど始まった授業でやった成長と発達の違いについて話そうと思う。

 ここから話すことは学校教育心理学についてのお話だから、

 国語辞書の解説とはちょっと違うかもしれないとは先に言っておこう。

 教育心理学における成長と発達の違いというのは身体を対象としているのか、

 精神を対象としているのかというところだ。

 成長というのは身体の成長、つまり外見的な変化が中心で量的な変化ともいう。

 身長が伸びたり、体重が増えたり、ひげが生えてきたりというのが

 成長に当てはまるわけだ。

 一方で発達は精神の変化、つまり内面的な変化が中心で質的な変化ともいう。

 ぼくらが小学校の時はそこまで気にしなかった異性のことを中高生になると

 急に意識しだしたり、反抗期になったりというのが一例だね。

 

 こうやってみると成長と発達というのは心理学界では大きく違うように扱われている

 事がよくわかる。

 どうしても国語的に考えると似てる風に捉えがちだけど、

 外見か内面か、量か質かという風にきっぱり分けられている。

 こうやって考えると言語って不思議だなと改めて感心させられる。

 なんせ同じ国で同様に言葉を使っているはずなのに意味が違うんだからね。

 あぁこんなことばっかり大学で調べられたらいいのに・・・

 と憂鬱になりながらだけど、心身をちょっとずつ合わせようと頑張ろうかな。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

やりたくない事からやりたい事に意外と繋がったりするから何事も一生懸命やってみるべきだよね。