今日の雑感記事

・とりあえず昨日の更新がいつも通りの11:30ではなく13:30になっていたことを

 お詫びしておこうと思う。

 別段何か意図があったわけではなくて、単純に時間の指定を間違えていただけで、

 ぼくも気が付いた時にはもう遅かった。

 今日は11:30に投稿できていると思う。なんせ3回は確認したからね。

 

・そんなきっと誰の得にもならないようなお詫びはここまでとして、

 と話を変えようとしたのだけれど昨日は特別なことがなかったのだ。

 もちろん特別なことがなかっただけで書くことがなかったわけではない。

 特別なことがないというのは今のぼくにとっては特別なことで、

 いわゆる特別なことがないという特別で普通な日常なのだ。

 

 お昼までゆっくり寝ているところを愛犬に起こされて、

 親とお昼何を食べようかと近所を散歩しながら新しい店の開拓に勤しむ。

 お昼を食べた後はちゃんと3時間以上開けた後にお昼寝をして、

 晩は晩で親と準備をして、デザートとしてお昼に買ったケーキを食べる。

 最後は愛犬と近くを散歩して、見たかったテレビを見て、

 こうして今日更新する予定の記事を書く。

 これは人から見たら何の変哲もない一般人の休日かもしれないけれど、

 今の僕にとっては何にも代えがたい特別な日常なのだ。

 

 来月になったら代えがたいものは変わってるかもしれないし、

 変わっていないのかもしれない。

 でもこうして何の心配もせず、何かに追われることもなく、何も考えず、

 ゆったりと時間が過ぎるのを大切な家族と過ごすことが出来るというのは

 最高に幸せなことだと思うし、これ以上の幸せをタダで享受したいとは思えない。

 もうぼくらは守られるだけの子供じゃなくなっちゃったんだからね。

 ただ与えられる側から自ら取りに行く側へ、そして分け与える側へ。

 

 今日は久々に感傷に浸るような記事になっちゃった。

 そのぐらい昨日は素晴らしく特別で普通な一日だったというわけだ。

 いつまでもこの普通の一日を特別だと思える気持ちを持ち続けられたら、

 きっとそれは幸せなんだろうなって。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

特別で普通な日常。ぼくはこういう言葉遊びが好きだったりします。